TAMAS

TAMAS

 

MEP,TMSに用いる磁気刺激装置

非侵襲的で痛みを与えない

精神障害及び神経疾患の新しい診断・治療機器

利点と特徴


  • TAMASは標準で最新のTheta Burst(シータバースト)モードを搭載しています。
  • TAMASは特許の油冷却方式を採用。コイルにオイルを循環させ、発熱を軽減する事で長時間の使用を実現しました。
  • TAMASは3テスラの磁束を搭載、より深部までの刺激が可能になりました。
  • TAMASは筋電計等の生体信号機器との連動が可能です。
  • TAMASの音は低く穏やかです。

rTMS治療後のMRI画像

Speer et al Biol Psych 2000参照



20Hz

1Hz

製品仕様


製品仕様(TAMAS本体)
磁束密度 3.0T
パルス幅(二相性) 350μs
電源電圧 100V ± 10%
最大消費電力(磁気刺激時) 1500VA
周波数 0.1 ~ 100Hz
刺激継続時間 1 ~ 1,800秒
インターバル 1 ~ 120秒
トリガ入力/出力 TTLレベル
刺激強度(MEP) 50 ~ 200%
寸法 (W)642 × (D)653 × (H)1030mm
重量 50kg
モード Single / Repetitive / Paired / Theta Burst
コイル冷却方式 油冷循環(特許)
薬事認証番号 228AIBZX00009000
製品仕様(専用椅子/電動)
寸法 (W)700 × (D)1500 × (H)1150mm
製品仕様(専用椅子/手動)
寸法 (W)700 × (D)1200 × (H)1150mm

資料ダウンロード


資料 ダウンロード・ファイル
カタログ TAMASのカタログ請求はこちらからお問い合わせください